バナナの皮で滑る場所

人生を滑った羽七(バナナ)の日記

リゼロの映画見てきました。

本日から公開の『Re:ゼロから始める異世界生活 MemorySnow』をさっそく見てきました。

re-zero-anime.jp

本編では見れなかった日常回でとてもよかったです。

基本的にネタバレするようなこともないですが

一応、バレは書かないように感想だけ書くつもりです。

 

それでもまずは先に映画の内容に一切関係のない

映画上映後にあった宣伝のお話。

 

 

まずは新アニメ制作の話

なんと・・・・・・

この4作品のクロスオーバーが制作が決定しました。

 

その名も異世界かるてっと』

isekai-quartet.com

見ている人は知っている本編後にあったぷちキャラアニメを作っていたチーム(?)です。

ウチはこのすばだけはぷちキャラアニメあったのかどうかすら知りませんが

アイキャッチでぷちキャラは登場していたので違和感はないです。

 

 

ただ、各作品の共通点がこれまでぷちキャラがあることと

異世界モノであることでしかなく

作風が違い過ぎて大丈夫なの??って感じです。

まぁ、主にオバロと幼女戦記がこのすばやリゼロに合わないんですが

ぷちキャラアニメでは全部ギャグオンリーだから大丈夫なんでしょうね。

 

PVが壮大な感じに作られていますが、このすばのPVなんてほとんど嘘でしたし。

このリゼロの映画での情報公開に先駆けてで公式ページも公開され、ツイッターも作られています。

 

制作決定とかいいながらもう来年の春に放送予定です。

 

 

 

そして、リゼロの映画の感想

冒頭に壮大なスケールを漂わせ

ナツキスバルによる(特に必要もなく)英語で説明される

誰にも知られてはいけない極秘ミッションの全貌。

そして、開始5秒でバレてしまったミッション。

そんな1クール目の後であることをおさらいするような冒頭前半と

不穏な空気が漂うロズワール邸で、これから起きることを憂うロズワール。

同じ何かを感じるエミリアとシリアスな雰囲気で始まりましたが・・・・・・

 

 

基本的に終始ほのぼのギャグです!

 

ずっとシリアスで進行して本編で見る事の出来なかった

平和なロズワール邸での物語です。

 

1クール目の後なのでレムがスバルにデレデレでした。

なので、安定の可愛さです。

かなりポンコツになっていますが、スバルのための行動なので可愛いです。

 

それとレムラムは公式キービジュアルでも来ていますが

メイド服が本編のから冬バージョン――入場特典で付いてきた小冊子の小説によると氷期用の厚手のメイド服――に着替えており、これがまた可愛いです。

f:id:melonbnana:20181006164322j:plain

 

ちなみにこの冊子は映画のサイドストーリー的な、この時このキャラはこうしてましたー的なお話です。

まだ本編の時間軸ではスバルと出会っていない王選メンバーがメインです。

 

 

ただただ可愛い

結局、映画の感想はこれにつきます。

レムやラムはギャグ要員として終始登場して可愛いです。

エミリアはちょっと登場頻度が控えめですが

 

本編と異なる3パターンぐらいの衣装に着替えてゆき

登場するたびに新鮮で可愛いです。

 

 

そして、何よりも重要だったのが現実にもあるとある物により

エミリアがスバルに可愛く絡んできます。

エミリアファンが昇天すること間違いなし。

さらにレムもいつも以上にベタベタしてきます。

 

2人に挟まれて幸せ状態のスバルが離れる事で発生してしまう

エミ×レム尊いワンシーン×2回は

網膜に焼き付けて保存しなければいけない非常に素晴らしい見所があります。

(映画なので撮影禁止なのが非常に残念です。スバルも悔やんでいました)

 

 

もうリゼロファン(特にキャラが好きな人)なら見て損はない内容でした。

ちなみにギャグのみでなくちょこっと泣けるシーンがあり

BGMや挿入歌もとてもよかったです。

 

2週間ぐらいは上映されるでしょうが

あまり宣伝されてなかったからでしょうか?

初日なのにあまり人は入ってなかったので

3週間以上上映されるかちょっと怪しいです。

気になってる方は悠長に待って見逃さないように気をつけてください。